「いやし主の御降誕」


 御承知のように、クリスマスとは、イエス・キリストのお誕生日です。
 でも、この誕生日は、普通の人の誕生日とは少し違いますね。
 毎年のように、世界中で実にたくさんの数えきれないほど多くの人々によって

 お祝いされます。それも何百年も、いや2000年もの長い間、祝われて来ている

 のです。
  そして、そのたびごとに、人々の心の中に、社会に、世界に、言い知れない

 暖かい、光ある、希望を与えて来ました。実に不思議です。

  なぜでしょうか。それは、イエス・キリストというお方が、普通の人とは違う

 お方だからです。
 

  イエスさまは、単なる宗教的天才とか聖人とかいう人ではありませんでした。
 聖なる神の御子でいらっしゃり、神が人となられたお方だったのです。ですから、

  そのお誕生日は、不思議なひびきと力を感じさせるのです。このお方は、「メ

 シヤ」すなわち「救い主」だったのです。聖書では次のように書いています。

 

   御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。

   今……すばらしい喜びを知らせに来たのです。

   きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生れになりました。

   この方こそ主キリストです。……」(ルカの福音書2章10-11節)。

  そして、今回は、この救い主キリストさまのすばらしい一つの面をお知らせし

 たいと思います。それは、「イエス・キリストは、『いやし』の主(しゅ)でもいらっ

 しゃるということです。特に私たちの「心」をいやしてくださるということです。
 なんというすぱらしい福音ではないでしょうか。
 
  今日、「心の病んでいる人」、「心の傷ついている人」は、どんなにか多いこと

 でしょう!? あるいは、あなたもそのひとりかも知れません、あなたのご家族、あ

 なたの友人、知人の中に、そういう人がいるかも知れません。

  でも、ここに「よい知らせ(福音)」があります。まことの神が、私たち人類をお救

 いくださるために、この世に、私たちと同じ人間になってお生れくださり、すべて

 の人が救われるために、身代りとなって十字架について死んでくださいました。

  ところが、このことを成してくださった救い主・イエス・キリストを信じるときに、

 「心の傷」はいやされるのです。
  あなたも、ぜひ、この「いやし主(ぬし)」の聖なるお誕生日を本当にお祝いしてく

 ださい。この祝福を受けられますように。ぜひクリスマスを教会でお祝いください。
 祝福をお祈り致します。

JAPAN LUTHERAN BRETHREN CHURCH

日本ルーテル同胞教団